FC2ブログ
  • 03 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 05
健康補助食品
お役立ち健康補助食品コラム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
CATEGORY : 未分類
イチョウ葉エキスの効果、副作用
DATE : 2006-04-07-Fri
イチョウ葉エキスは、欧州では十年以上も前から医薬品として扱われています。
イチョウ葉エキスには、さまざまな効果があり、例えば、「脳の血行促進」「痴呆症の予防」「耳鳴りの緩和」「頭脳の冴え」「鬱症状の改善」などがよく知られています。
注目されているのが、イチョウ葉が持つ痴呆改善効果です。痴呆症には、アルツハイマー型と脳血管型の二つのタイプがありますが、イチョウ葉エキスはどちらにも症状を改善する働きがあると言われいます。

イチョウ葉エキスの副作用は
イチョウ葉エキス摂取による副作用として、まれに軽度の胃腸障害、頭痛、アレルギー性皮膚炎が認められています。また、静脈内投与によりアレルギー性のアナフィラキシー反応などの症状が現れるという報告があります。しかし、イチョウ葉エキスの摂取量(1日あたり120~240mg)では、顕著な副作用の発現は認められていません。


スポンサーサイト
page top
CATEGORY : 未分類
イチョウ葉エキス
DATE : 2006-04-07-Fri
イチョウは中国原産の落葉高木で、日本には平安時代に中国の高僧によって伝えられたと言われています。約2億5千万年前から地球に存在し、度重なる地球の変化を乗り越えてきた生命力の強い植物です。
イチョウの実であるギンナンは、日本・中国で古くから食用にされていた他、咳止めや下痢止めなどに使う治療薬として使われてきました。中国では何千年もの間、記憶力を回復させ呼吸困難を和らげるために、昔から伝わるイチョウの果実や葉を利用してきたと言われています。
イチョウ葉エキスには、ケルセチン、ケンフェロール、イムラムネチンなどに糖鎖が付いたフラボノイド配糖体、ギンコライドA、ギンコライドB、ギンコライドCおよびビロバライドなどのテルペノイドという化合物、プロアントシアニジンなどが含まれています。







アロエ | イソフラボン | イチョウ葉 | ウコン | エゾウコギ | エキナセア | 大麦若葉 |オリゴ糖 | オレガノ | 核酸 | カプサイシン | ピーポーレン | カモマイル | ガラナ |

マカ |



page top
Copyright © 2005 健康補助食品. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。